組織評価

HFWは2000年9月に他NGO日本支部から独立して新しい組織になりました。それから3年が経過した2003年、よりよい事業や組織運営を行うために、組織評価を実施しました。
その結果、以下の2点を含む数多くのHFWの強みや弱み、それらの要因が明らかになり、それぞれに改善策を作成しました。

・職員のモチベーションが高く、インターンやボランティアを積極的に活用することで、限られた資源の中でも効果的に事業を行っている。
・一方、今後事業の質を向上し、拡大するためには開発事業の各種ガイドラインの未整備や、職員の絶対的不足が大きな課題である。

これから職員一同、改善策に真摯に取り組み、より多くのみなさまの支持を得られるよう、効果的に事業を推進していきます。
なお、本評価をアカウンタビリティの一環として公表いたしました。HFWがより良い組織に発展するために、みなさまからのご意見ご感想を賜れば幸いです。 (2004.4.1)

ご意見ご感想はこちらまで E-MAIL info@hungerfree.net


hyouka_index_a

評価の背景・方法・反省
会員・企業・NGOからの批評
監事による総評