活動レポート 日本

2005.08.29 日本

バングラデシュチーム企画 チャリティーライブ

ライブの熱気あふれる会場

バングラデシュチーム企画による「チャリティーライブ 2005 in Summer Featuring “ひびき”」が8月21日に東京・渋谷のカフェで開催されました。
この企画を中心となって進めたのは、学生時代に活発にボランティア活動をしていた田島明日丘さんと鈴木佑佳さん。社会人になって2年半が経ち、仕事をしながらも、飢餓をなくすためにできることはないかと想いをあたためてきました。HFWのバングラデシュチームに入り、仲間と共に今回の企画を実現しました。

バングラデシュの様子や現地からのメッセージなどが紹介された後、いよいよライブがスタート! 会場には、2人組の音楽ユニット“ひびき”の迫力ある歌声とギターによるメロディーが、まさに響きわたりました。

“ひびき”のファンだから、友人に誘われて、たまたまチラシを見て……、様々なきっかけで集まった参加者のみなさんに、“楽しむ”ことを通じて、飢餓や支援活動について知ってもらうきっかけとなりました。また、打ち解けた雰囲気の中、参加者同士のネットワークも広がったようです。
参加者数は70人、収益金は約5万円となりました。

企画した鈴木さんは、「沢山のきっかけが生まれたことを参加者の方々からのアンケートで知り、気持ちはもう次なる開催へと動いています!」。

おいしいお料理やお酒もたくさん!

参加者の声

バングラデシュについてこれまであまり気に留めたことがなかったのですが、最初のアナウンスや写真で、貧困について考えさせられ、ジンとしました。食事をしながら、元気で明るい歌を聴いて楽しく過ごせました。テーマのあるライブイベントで来て良かったなと思いました。(社会人)

普通に生活していては関われないことを知れたし、少しでも参加できて嬉しい。社会人として働きながら熱くなれることを持って、こうして形にすることを見て、これまたうれしいというか、うん、いいなぁと思いました。(社会人)

日本の最新レポート