活動レポート 日本

2006.12.17 日本

YEH愛知OB・OG会、活動開始!

座りきれない程の人が集まったワークショップ

HFWの青少年組織ユース・エンディング・ハンガー(YEH)愛知のOB・OGによるボランティアクラブ、「YEH愛知OB・OG会」が発足! 初の活動として、10月28、29日に行われたワールド・コラボ・フェスタ2006(国際協力フェスティバルin愛知)に参加しました。ワールド・コラボ・フェスタは中部地方で最大級の国際協力イベントです。NGOなどによる活動紹介ブースやブース、ステージ上での各国文化紹介、特設テントでのワークショップなどが行われました。

YEH愛知OG・OB会は、特設テントでのワークショップに参加。題目は、エンディング・ハンガー・ゲーム(EHG)です。大きな世界地図の上で参加者が体を動かして行うEHGは、本来とても大きな場所が必要です。しかし、テントの大きさは地図に対して十分ではありません。そこで、メンバー達は仕事の合間を縫って模造紙とビニールテープで特製の地図を作り、ワークショップを実現させました。

活動紹介ブースを出展していたYEH愛知の協力もあり、参加者はテントの定員一杯の21名。世界地図の上で大勢の人が座っているという珍しい光景に、「何をやっているのだろう?」と足を止める方も多く、中には最後まで見学された方もいらっしゃいました。ゲームでは「すべての人々が平等に暮らせるよりよい世界」を目指しましたが、自国の目標達成で手一杯の国が多く、「まず自分の国が裕福になろうと考えてしまった地域が多いと思う。われ先にという考えを、思いやりに変えられれば」との声が聞かれました。

また、イベントの主催者名古屋NGOセンターの方によると、EHGは2日間で行われたワークショップの中で一番の盛り上がりを見せていたとのこと。ワークショップとしての完成度が認められ、同センターが紹介するワークショップの1つとして登録されることになりました。これからもYEH愛知や地域の他団体と連携をとりつつ、愛知県に国際協力の輪を広げます。

YEH愛知のブースでもEHGを積極的に告知

日本の最新レポート