活動レポート 日本

2007.04.29 日本

書き損じハガキ回収キャンペーン 中間報告

ハガキの山と、たのもしいボランティアに職員も笑顔

書き損じハガキの回収キャンペーンも今年で6回目を迎えました。 事務所には毎日たくさんの回収物が届いています。 今年度からは、新たに中古レコードや貴金属などの回収もはじめました。 みなさまのご協力のおかげで、1月から現在で約1400万円にもなっています。

集まった書損じハガキは1枚約42円で換金できます。たかがハガキと思われる方も多いと思うのですが、まさに「ちりも積もれば山となる」ですね。ハガキに応援のお手紙が添えられていることも多く、ハガキの山と一緒にたくさんの思いやりに囲まれています。

そして、このキャンペーンに欠かすことができないのがカウントボランティアのみなさんです。毎日山のように届く回収物を数えてまとめてる作業を担当しています。学校帰りに友達と参加する高校生や、仕事の合間にかけつける会社員の方など様々。「他のボランティアやインターンの方とも交流できるので、いろいろな話が聞けて新鮮」という声も。 HFW職員も、みなさまとのふれあいが楽しみになっています。
キャンペーンは5月末まで続きます。これからも、回収、そしてカウント作業へのみなさまからのご協力をお待ちしています。

カウントボランティアのみなさん

参加者の声

好きな時間に来ることができ、簡単な作業で人の役に立つことができるので、とても楽しいです。(会社員)

何か少しでもお役に立てることの幸福を感じながら作業しています。送ってくださるみなさまからの協力にも心から感謝して、自分にできる範囲でカウントボランティアを続けていきたいと思っております。(主婦)

日本の最新レポート