活動レポート 日本

2007.11.18 日本

10月17日 世界貧困撲滅デー STAND UP SPEAK OUT

代々木公園でのメインイベント

貧困を終わらせたいという意思を示し、世界の貧困解消と国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成を求めるために、立ち上がり(STAND UP)、政治のリーダーたちに声を上げる(SPEAK OUT)、世界的なキャンペーン「STAND UP SPEAK OUT」。10月17日午前6時から18日午前6時の間に立ち上がった人数をカウントし、2006年の人数を上回ればギネスの公式記録に認定されます。HFWは日本での実行委員会の一員として関わってきました。

HFWは東京・渋谷区の代々木公園で行われたメインイベントにも協力。集まった参加者は約300名。アーティストによるパフォーマンスの後、一斉にSTAND UP!(立ち上がる)。

この日、日本全国で貧困を終わらせるために立ち上がった人数は4万8205人。また、世界では4371万6440人が立ちあがり、昨年のSTAND UPで打ち立てたギネス記録2350万人を更新しました。一人ひとりの行動が貧困を終わらせるために大切だということを教えてくれる、「STAND UP SPEAK OUT」。2008年も開催が予定されています。

HFW事務局でも、それぞれの声を上げ立ち上がりました。

日本の最新レポート