活動レポート バングラデシュ

2007.07.02 バングラデシュ

ボダ郡で国内会議を開催しました。地域を超えて学び合う、貴重な機会となりました

 

有機農業の成功例を見学。農薬を使わないのに、害虫がほとんど発生していない

協同組合支援

3月20日~22日、3ヵ所のHFZからウィメン・エンディング・ハンガー(WEH)と農村開発委員会(VDC=HFWが支援する住民組織)の代表合計35名(WEH19名、VDC16名)がボダ郡に集まり、国内会議を行いました。

開会式には政府関係者や国会議員も参加し、それぞれの立場から飢餓・貧困撲滅に向けた決意を力強く宣言。会議ではこれまでの活動報告や今後の活動創作を行ったほか、他団体の講師による成功事例の発表を参考に、HFWの支援から自立した自治体となるための規約を作成しました。また、女性の地位向上啓発ビデオの上映や、有機農業の成功例見学会などを行い、今後の事業の参考としました。

参加者の多くは、村から外に出る機会がほとんどありませんでした。異なる地域の住民が、それぞれの活動の抱える問題や状況について経験を分かち合うことで、親交を深めるとともに互いに学びあう、貴重な機会となりました。

休憩中。親交を深める参加者たち

バングラデシュの最新レポート


バングラデシュ関連情報