活動レポート ブルキナファソ

2007.07.01 ブルキナファソ

保健センターで栄養改善事業スタート

   

保健センターで生まれた赤ちゃん

乳幼児と妊産婦対象の栄養改善(CREN)

ブルキナファソ・カディオゴ県クブリ村にある国営の保健センターで、栄養改善の事業を開始します。
ブルキナファソでは、5人に1人が5歳になる前に命を落とします。医療の不備もありますが、栄養のある食事が与えられないこと、お母さんの妊娠中の健康状態が悪いことも大きな原因です。クブリ村でも多くの子どもが栄養不足に陥っています。この保健センターは、クブリ村と近隣地域の住民2万2804人が利用できる唯一の医療機関で、15km以上離れた地域から通う患者もいます。以前からYEHブルキナファソが医療器具を寄贈し、支援していました。

そしてこの9月、HFWは、過去にセンターの資金難で打ち切られていた乳幼児や妊産婦の栄養改善事業を再開させます。同センターで毎月平均200人生まれる赤ちゃんが栄養を摂れるよう、穀物、燻製の魚、スンバラ(豆)など、地元で調達できる食材を使った栄養価の高いお粥の作り方を母親に教えます。

さらに、YEHのメンバーが中心となって、女性を対象にした教育プログラムも行う予定です。内容は、家族計画、母乳保育、HIV/エイズの知識など。食糧や医療の援助だけでなく、母親の栄養や健康に関する知識や関心を高めることで、継続的に家族の健康状態がよくなることを目的にしています。

保健センター

赤ちゃんの母親

事業概要:乳幼児と妊産婦対象の栄養改善(CREN)

期間:2005年10月~ 対象地域:クブリ郡

5人に1人の子どもが5歳までに命を落としてしまうブルキナファソ。HFWは、2005年10月から国営の保健センターと協力して、クブリ郡11ヵ村の0~5歳未満児約4500名の栄養改善に取り組んでいます。


ブルキナファソの最新レポート


ブルキナファソ関連情報