活動レポート 日本

2015.07.09 日本

「書損じハガキ回収キャンペーン」が過去最高額に。 ボランティアのみなさんに成果を報告しました

報告会は会費制で。ボランティアさんからの差し入れも多くいただいき、和やかな交流の場に

6月25日、飯田橋のハンガー・フリー・ワールド(HFW)事務所で、第14回「書損じハガキ回収キャンペーン」(2015年1月1日~5月31日)の報告会を開催しました。 全国から届いた書損じハガキや切手、商品券等の寄付物品の仕分けやカウント、集計には大勢のボランティアのみなさんの活躍がありました。感謝の気持ちを込め、軽食などを用意し、今回の成果を伝えました。

資金調達職員の石川が、換金額が昨年を上回る1億4458万円であったことを発表すると、喜びと感嘆の声が口々に上がりました。全国8万7000人以上の方が参加してくださり、ハガキだけでも期間中に届いたのは約163万枚。1日1万枚以上で、これを積み上げると東京タワーの333mを超える375mにもなります。

これらの仕分けとカウントには、のべ950名にもおよぶボランティアのみなさんが携わってくださり、3000時間以上の貢献をしてくださいました。

歓談のなかで感謝の気持ちを伝えると、「とても楽しく参加しました。毎日の生活にハリがありました。また来年も来ます」「職員のみなさんのミーティングなどから、活動地で役立っている様子がうかがえ、励みになりました」「何年も続けていますが、年々活動が充実しているようですね」とうれしい言葉が。

「飢餓をなくすために少しでも貢献したい」というボランティアのみなさんの思いをしっかり引き継ぎ、活動をさらに進めていくことを誓いました。

この日都合のつく13名のボランティアさんが参加。中には半年間ほぼ毎日通ってくださる方も

報告会終了後、時間のある方は残って作業をしてくださった

換金額に応じて活動写真をマス目に貼る「HFWすごろく」を壁に貼って作業の励みに。目標額達成でHFWの文字が見事完成

日本の最新レポート


日本関連情報