活動レポート 日本

2013.07.05 日本

書損じハガキ回収キャンペーンの報告会を開催。 カウントボランティアのみなさんと、過去最高額1億2773万円の成果を分かち合いました

担当職員から、昨年度と比較した換金額、参加人数、ボランティア数、ボランティア時間が報告された

6月26日、飯田橋のハンガー・フリー・ワールド(HFW)事務所にて、カウントボランティアのみなさんと事務局のメンバーが集まり、第12回書損じハガキ回収キャンペーン(2013年1月1日~5月31日)の報告会を行いました。

全国から寄せられた回収物の換金作業にあたっては、のべ1379名ものボランティアさんが参加。ハガキのカウント、切手の仕分けなど、緻密な作業を丁寧にやっていただき、大きな力となりました。報告会には飯田橋の事務所に定期的に通っていただいたボランティアさんのうち14名に出席いただきました。 会費制ながら、差し入れの軽食やデザート(なかには手作りのものも!)を持ってきてくださったり、事務局のメンバーの家族からも自宅で採れた野菜や手料理の差し入れがあったりなどし、テーブルは彩り豊かに。ジュースやお茶で乾杯のあとは、食事や歓談を楽しみました。

キャンペーンの報告がクイズ式で始まると、盛り上がりも最高潮に。昨年度も1億2473万円で過去最高でしたが、今年はさらにそれを上回る1億2773万円であったことが報告されると、「おおっ」という感嘆の声、そして拍手が。回収に協力してくださった人数も全国から7万2000人を超え、大勢の方々の力によって、飢餓をなくす活動が支えられていることを、皆で共有したひとときでした。

 ボランティアのみなさんからは、「事務所に来るのが楽しみでした」「ささやかながら貢献できることがうれしい」「いろんな方と交流できたのもよかった」などと感想が寄せられ、キャンペーン終了を名残り惜しみ「来年も絶対来ます」と楽しみにくださる声が多く聞かれました。

第12回書損じハガキ回収キャンペーン集計報告と資金の使いみち » 詳細はこちら
キャンペーン期間は終了しますが、物品の寄付は通年受け付けています。引き続きのご協力をお願いします。 » 集めているものは こちら

ボードに書いた数字を紙で隠し、参加したみなさんに予測してもらった。実際の数字に近い鋭い答えも

参加したボランティアさんにそれぞれの感想を一言ずつ。次回の参考になる意見もたくさんいただいた

報告会に集まったボランティアのみなさんと事務局のメンバーで記念撮影

日本の最新レポート


日本関連情報