活動レポート 日本

2003.11.12 日本

ハイチ音楽ワークショップが開催されました!

ハイチ音楽を演奏する溝口亮さん

アフリカから連れてこられた黒人奴隷が守り、異国の文化と融合して作り上げたハイチ音楽。10月12日東京・六本木のレストラン “ボデギータ” にてハイチ音楽ワークショップを開催しました。

この日の講師、溝口亮さんはサンフランシスコでハイチ音楽を本格的に学んだ、日本では数少ないハイチ音楽ミュージシャン。すばらしいコンガの演奏の後は、参加者のみなさんとおいしいハイチコーヒーを楽しみながら、ハイチの文化についてお話していただきました。 ハイチの歴史や “KONGO” という愛の精霊を呼ぶ伝統的なリズムをレクチャーしていただき、最後はみな、好きな楽器を持って大演奏! バーカウンターのあるレストランで、お酒を飲みながら楽しむ参加者の方も多く、とても楽しいイベントとなりました。

また、手工芸の販売や展示した写真(撮影:佐藤文則氏ほか)も好評で、今後は定期的に開催できるよう検討中です。 この日の募金や手工芸品の売り上げ、参加費より3万3570円が貧困と闘うハイチの人々への支援となりました。

ハイチ音楽を演奏するイベントの参加者

講師の方がとても優しく魅力のある方でした。太鼓が叩けて気持ちよかった。(東京都大田区・公務員)

ハイチを知る良い入り口になりました。音楽って絵や文学と違って意識せずに体内に吸収できるものですから、知らないうちにハイチの大事なとこを一部もらったと思います。(神奈川県横浜市・大学生)

日本の最新レポート