活動レポート 日本

2004.06.20 日本

バングラデシュチーム 合宿で一致団結

グループに分かれてアイディアを出す

カレーパーティ、写真展、コンサートを開催するなどの活動的なボランティアの方が集まっているバングラデシュチーム。6月12日、13日に国立女性教育会館(埼玉)で、第3回目となる合宿を行いました。バングラデシュでのHFWの活動を検証したり、メンバー同士交流を深めたりし、共に今後のチームの行動計画を作成しました。

参加者は、18名(HFW職員とインターンの2名を含む)で、離れた地域でさまざまな活動をするメンバーとの連携方法を考えたい、バングラデシュについての知識を深めたい、メンバーと楽しく過ごして仲良くなりたいなど、目的もさまざま。しかし、人の意見を尊重しよう、建設的な意見を出そう、最後には行動につなげようなど、ルールを決めて合宿を開始したために、会議はスムーズに進み、共通の行動計画ができあがりました。

チームのリーフレットの作成やホームページの充実、ベンガル語教室の開催、ベンガル文化イベントへの参加などの計画ができ、責任者とスケジュールが決められました。また、10年後にバングラデシュチームが日本政府に表彰され、その時マスコミがどのように記事にするかを想像するゲームもし、“有職率100%!! 影に日本のバングラチーム”など、ワクワクする記事をチームごとに作成しました。このようなビジョンの実現のために、がんばって行動計画を実現しようと、参加者のみなさんの熱意が高まりました。

行動計画

日本の最新レポート