活動レポート 日本

2005.01.31 日本

「楽しくベンガル語を話そう!」 ベンガル語教室

講師のアニスルさんは、ユーモア溢れる会話で分かりやすく教えてくれる

バングラデシュチーム主催によるベンガル語講座の第2回目が1月23日に開催されました。今回の参加者は9名とアットホームな雰囲気に。在日バングラデシュ人のアニスル講師を迎え、ベンガル文字の書き順、発音や簡単なベンガル語会話について勉強しました。

発音では、ホとハをあわせたような発音や、ボとオをあわせたような発音などがあり、なかなか複雑なベンガル文字の発音に参加者のみなさんは悪戦苦闘!
また簡単な会話では、例えば「暑いですか?」は「ゴロン?」。でも「ゴロン?」は「怒ってる?」という意味にもなります。なぜかというと、「体が熱い」→「怒っている」、とつながるからだそう。このような「なるほど~」と思う数々のお話もあり、ベンガル語を通してバングラデシュの文化に楽しく触れることができました。

全10回のベンガル語講座ですが、途中からの参加や「1度だけ体験したい」という方も受講できます。
※ベンガル語教室は、2005年6月に終了しました。

見慣れないベンガル文字。だんだん判別できるようになる。

ベンガル文字は得体の知れない文字だと思っていましたが、親しみを持てました。 (会社員)

バングラデシュの国のことを知りたくて参加しました。ベンガル文字が成立するまでの歴史や、文字の成り立ちがちょっと分かり、嬉しかったです。 (会社員)

日本の最新レポート