冬募金2018-2019 : 飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールド HUNGER FREE WORLD     

冬募金2018-2019

バングラデシュの署名活動

バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダで行われているハンガー・フリー・ワールド(HFW)の活動全般を支えていただく募金です。あなたの支援が、飢餓に苦しむ人々の自立を後押しし、住民による飢餓のない地域づくりの支えになります。

バングラデシュでは、誰もが生まれながらに持つ「食料への権利」が法律で保障されることを求める署名を集めています。 青少年が中心になり、一年間で11万人以上の署名を集めることができました。「食料への権利」の法制化は、国民全体の栄養の向上につながります。


あたたかいご支援をお願いします

前回実施の夏募金(2018年6月~8月)では、236名の方から計161万2488円のご支援をいただきました。誠にありがとうございました。この金額はたとえば、ベナンでは栄養不良の子どもたちが回復するまでに必要なおかゆ代179名分になります。

こんなことができます

自らの手で食料を手に入れる

農業で生計を立てる人々の多いウガンダの活動地で、収穫した作物を高く販売できるよう展示会を開催して販売力を高めています。3歳未満の栄養不良児が多いベナンでは、栄養のある食材や調理法を母親に教え、家庭で実践できるようにしています。

ベナン
栄養改善ワークショップ開催 約1万7500円

ウガンダの展示会

ウガンダ
ウガンダ 農業展示会の開催 約24万6800円

飢餓をなくす青少年の声を政府に届ける

バングラデシュでは模擬国会で全国の若者と「食料への権利」を実現する法律について議論し、その内容を議員に届けています。また、ブルキナファソでは憲法記載を求めるチラシを配布。国民投票で承認されることをめざしています。

バングラデシュ
模擬国会開催 1回 約73万円

“「食料への権利」を憲法に”と書かれたチラシを配布

ブルキナファソ
キャンペーンチラシ 100部 約3000円


募金方法

※募金額は任意です
※掲載されている支援は一例です。そのほかの支援にも使われます。
※2月28日(木)まで冬募金として受け付けています。

募金方法 詳細
クレジットカードcard ビザ・マスターのカードをご利用いただけます。

※フォームの自由記入欄に冬募金指定とご記入いただくか、お電話の際に冬募金指定とお伝えいただけると助かります。

<クレジット決済に関するご注意>
クレジット番号等はSSLを用いて暗号化送信しております。
お振替日は、申し込み日の翌月または翌々月となります(カードにより異なります)。
お申し込みいただいた後の利用取り消しはできません。金額をよくご確認いただいた上でお手続きをお願いします。
クレジットカード会社の請求書には「ハンガー・フリー・ワールド」と記載されます。

銀行振り込み 三菱UFJ銀行神保町支店(普)1053953
口座名:ハンガー・フリー・ワールド

※銀行振込の方は事務局まで冬募金指定とご連絡ください。

郵便振替 00130-6-192373
口座名:ハンガー・フリー・ワールド

※郵便局に設置されている郵便振替払込用紙をご使用ください。振込用紙に冬募金指定とご明記ください。

ご注意

個人情報取り扱いについて

個人情報は、個人情報保護法を遵守し、細心の注意を払い厳正に管理しております。
ハンガー・フリー・ワールドの個人情報保護方針

寄付金控除のご注意

募金は寄付金控除の対象とはなりません。

領収書の発行について

金融機関を通してご入金くださった場合、経費削減のため領収書の発行・発送を省略させていただいております。領収書が必要な方は、下記事務局までお申し出ください。

振り込め詐欺メールについて

支援金を支給するので受取手数料を銀行に振込むよう依頼する、NPO/NGOになりすましたメールが多数発信されていることが確認されています。
当団体からこのようなメールをお送りすることは一切ございませんので十分ご注意ください。
詳しい情報はこちら

お問い合わせ

担当:石川 TEL 03-3261-4700 月、火、木10:00~18:00 水、金、土10:00~18:00

お問い合わせ