半年、そして10年目の節目で感じたこと

2011年10月20日

半年、そして10年目の節目で感じたこと

先月9月11日は、米国同時多発テロから10年、東日本震災から半年でしたね。僕は4年前に修学旅行でグラウンド・ゼロを訪れ、再開発工事の様子にアメリカの強い決意を感じました。つい先日、宮城県の母の話を聞いたところ、生活はほぼ通常に戻り、妹は高校に通い、家を津波で失った親戚も仮設住宅での暮らしが板についてきたそうです。

ただ心の傷はどうでしょうか? テレビの特集で、娘さんを震災で亡くしたお母さんが、娘さんと同世代の子どもを見ると、つい目をそらしてしまうこと、娘さんの親友は生き残ったことに後ろめたさを感じていることが報道されていました。被災地で、世界中で、そしてウガンダでも、人々は毎日それぞれの人生を必死に生きているのだと、あらためて感じました。

ウガンダ担当インターン:向谷地

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »