散歩中に見つけた、楽しみな食欲の秋

2020年09月17日

まだ青い柿在宅勤務だと運動不足になるのでお休みの日はお散歩に出かけることにしています。
今回はちょっと電車で2駅乗って近場を散策しました。
お目当てのお店はお休みで残念でしたが、こんな所に図書館があるんだと立ち寄ったりして、帰り道で大きな柿がなっているのを見つけてびっくりしました!!
朝晩は気温が下がったので過ごしやすくなりましたが日中はまだまだ暑かったのですが、季節は秋へと変わっていっているんですね。
食欲の秋これからの季節が楽しみです♪

経理担当:廣岡

フィリピンの大学院で学んだこと

2020年09月10日

フィリピンの大学のテキスト写真はフィリピンでの大学院留学時代に使っていたテキストのひとつですが、大学院で学んだことで最も重要なことを挙げるとすれば、このテキストの表紙にある”Mula Tao Para sa Tao”です。これは「住民から始まる、住民のための(開発)」といった意味です。この言葉にも表れているように、留学中は徹底した「住民目線」の考え方を叩き込まれました。
会員・寄付者担当として直接プロジェクトに関わることはありませんが、時折このテキストを読み返して、初心を忘れないように努めています。
ハンガー・フリー・ゾーンの住民の方たちが、彼ら自身の力で飢餓から脱するようなプロジェクトづくりを滞りなく進められるよう、今の立場で側面から支援していきたいと思います。

会員・寄付者担当職員:米津

暑い日には、カメルーンの激辛ソースを

2020年09月04日

焼鯖、激辛ソース添え暑さに負けたのでしょうか、ここのところ冷たいもの(主に氷菓子)ばかりを食べてしまっています。そういえばカメルーンで暮らしていた時、暑い日が続くと冷たい水ばかり飲んでいた記憶がよみがえりました。あの頃何なら食べられていたのかなと思い返してみると、唐辛子を玉ねぎやニンニクなどとあわせてペースト状にし、そこに多めの油と調味料を入れて煮詰めた激辛ソースをよく使っていたことを思い出しました。懐かしい。ゆで卵につけたり、サンドイッチに入れたり、スパゲティソースに入れたり、暑くても食欲をわき立たせてくれる頼もしいソースでした。思い出しただけで、久しぶりに食欲がわきました。お腹すいたなあ(写真は焼鯖に激辛ソース(皿左上の赤いソース)添えです)

海外事業担当:寺尾

自己紹介でチームビルディング

2020年08月29日

マスクをしてポーズを決める加茂HFWでは新人スタッフが入職した際に、チームビルディングを目的とした自己紹介をしています。全スタッフから新人スタッフに対し、入職動機や特技の他、「私の さすが!と思う人の態度」など、多面的な人柄を紹介しています。特徴は、「自分がサポートしてほしいこと」といった、自分の苦手な部分や弱みを開示している点です。
私も十分に実践できている訳ではありませんが、弱みを開示し助けを求めることが出来る環境が、強くて・誠実さのあるチームを作り上げる土台だと考えます。ちなみに、私が書いている“サポートしてほしいこと!”は、『感情的になる際になだめてほしい』です。
平常心を保つコツがあれば皆さん、是非教えてください!

資金調達担当職員:加茂

変わったこと。変えたこと。変わらないこと。

2020年08月13日

魚屋さんで丸のままの魚を買う”斧を振りあげ薪割りをする。聞こえるのは鳥の声や羊のカウベルの音。火の中に薪を焚べながらワインを飲んで夜が終わる。暖炉でじっくり肉を焼くだけの夜もある。山へ登ると、ここバスク地方では海まで見渡せる。足を使ったらその分だけ、自分のテリトリーを意識できる。山の頂上にも拘わらず、登ってきたこのテリトリーには豊かな海の幸が含まれているのだと気付かされる〟 昨夏の旅のメモです。

今年は幾つかの旅を諦めました。されど新たな意欲が湧くものです。
月100km走るのが日課になり、魚屋さんで丸の魚を買うことが増えました。冬から春、盛夏と旬の魚を覚えていく自分に驚いています。暮らし、生活のサイズが一変したものの、進んでいく季節から目を離さぬよう過ごしたいです。

「書損じハガキ回収キャンペーン」担当:小林

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »