人生3度目のタバスキ

2014年03月19日

職員日記2タバスキ(羊の犠牲祭)は、イスラム教徒にとって大切なお祭り。羊を生贄として神にささげる行事です。昨年は10月15日に行われました。私はちょうどそのときベナンに出張中。朝のお祈りが終わると、イスラム教徒であるファトゥマトゥ事務局長が、用意していた羊をさばいてくれました。解体中の写真は生々しすぎてお見せできませんが(笑)、私は3度目なので慣れたもの。イスラム文化を間近で感じられる興味深い風景です。

こちらの人はどの部位も残さず全部食べます。内蔵はもちろん、頭は丸焼き、小さな骨ならそのままぶつ切り。さばきたての新鮮なお肉だったからでしょうか、これまで食べた中で一番おいしい羊肉でした。そのお肉は普段お世話になっている人などに配るのですが、それでも5頭分といえば相当な量。しばらくは食卓に並ぶ日が続きましたが、羊肉が大好きな私にとってはうれしい悲鳴でした!

ベナン・ブルキナファソ支部担当職員:土橋

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »