地元の良いもの

2019年03月22日

孤児食物について考えるベナンの栄養改善事業に活用する食材で、手に入りやすく、栄養価が高いものは何か?という議論をしました。そのなかで地元で採れる野菜が見直されました。ある地域では、栄養価が高いのにも関わらず、生産技術の改善などの対象にならず積極的に栽培されてこなかった作物があります。このような作物のことを「孤児作物」と言います(東京農業大学)。

ハンガー・フリー・ワールドでは、このような野菜の紹介とその食べ方を、その地域の住民に伝える活動をしています。今までこのような野菜を食べていなかった理由は「雑草だと思っていた」とか「調理の仕方が分からなかった」とのこと。しかし、自分たちの身近にあるもので栄養改善ができる!と自信を持ちました。手ごたえは住民、職員共々感じています。

海外事業マネジャー、アドボカシー担当/米良

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »