フィリピンの大学院で学んだこと

2020年09月10日

フィリピンの大学のテキスト写真はフィリピンでの大学院留学時代に使っていたテキストのひとつですが、大学院で学んだことで最も重要なことを挙げるとすれば、このテキストの表紙にある”Mula Tao Para sa Tao”です。これは「住民から始まる、住民のための(開発)」といった意味です。この言葉にも表れているように、留学中は徹底した「住民目線」の考え方を叩き込まれました。
会員・寄付者担当として直接プロジェクトに関わることはありませんが、時折このテキストを読み返して、初心を忘れないように努めています。
ハンガー・フリー・ゾーンの住民の方たちが、彼ら自身の力で飢餓から脱するようなプロジェクトづくりを滞りなく進められるよう、今の立場で側面から支援していきたいと思います。

会員・寄付者担当職員:米津

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »