臼がなければ、人類は滅亡していた?

2010年11月17日

臼がなければ、人類は滅亡していた?

7月の終わりに、夏休みをいただいて新婚旅行に行ってきました。お互いに仕事が忙しく、1週間の休みなんてリタイアするまで二度とないかも、と、思いきってエジプトへ! 南北縦断、早朝から深夜までの過酷な日程でしたが、巨大なピラミッド、美しいナイル河、湖のほとりにたつ壮大な神殿……古代の人々の英知に感動し、疲れも吹き飛びました。そして、取材でお世話になった臼屋さんに見せようと、ある神殿で見かけた石臼をパチリ。帰国後に調べてみると、古代エジプトでは小麦をひいてパンをつくっていたそう。さらに、植物の種子を粉にして食用(穀物)にできたのは、臼の発明があったから。ひいて粉にしたほうが長く貯蔵でき、パンなどに加工しておいしくできる。臼は、人類の生き残りをかけた大革命だったという説が。

そう考えると、石臼が隣の神殿より貴重なものに見えてきます。面白い発見でした。

広報担当職員:甲野

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »