【事務局長会議2012】お菓子と「ぼかし」

2012年05月21日

お菓子と「ぼかし」今日は、お米を使ったお菓子をつくる女性グループの作業場の視察に行きました。蒸し暑いのに、年配の女性が台所で炭火を使い、鍋で砂を熱してお米の入れポン菓子をつくっていました。ウガンダでは、こんなに大変な作業を高齢者にさせることはないのですが、その女性が「年をとっても、働いて家族の役に立てることはうれしい」と話すのを聞き、感銘を受けました。この村では、住民たちと仲良くなり農作業用の笠を借りて一緒に写真を取りました。なかなか似合っているでしょう?

夕方にはカリガンジを離れ、飛行機でダッカに戻ります。カリガンジの職員とお別れのセレモニーが開かれ、村の女性たちが織ったカラフルな布と刺繍入りのうちわをお土産にもらいました。空港に向かう途中には、先日視察した「ぼかし」作りに欠かせない材料のひとつ、有用微生物の培養液を使った工夫で、養魚で成果を上げている住民の事業を見に行きました。時間の都合で養魚場は見られず、出荷作業場の見学だったのが少し残念でしたが、氷だけで出荷していた頃に比べて、有用微生物を氷に混ぜるようになってからは魚の鮮度が長く保たれ、生臭いニオイも減ったため、高く売れるようになったといいます。ますます、「ぼかし」に対する関心が高まりました。

ウガンダ支部事務局長:バッテ・フレドリック

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »