エトセトラ

バングラデシュの自立を支援するため、年1~2回、これまでに9~10回程度チャリティコンサートを実施。フリーマーケットにも出店し、収益金を寄付しています。

拠点/横浜
頻度/年数回
メンバー/10名
参加方法/メンバー募集はしていません。
     コンサートにいらしてぜひ楽しんでください。

コンサートではサックスとピアノの音色が楽しめる


代表からのメッセージ

代表/楠邦子さん
「ボランティアの道は亡き息子が切り開いてくれました」
私がボランティアに関心を持ったのは息子が病気になり、病院でお世話になってからでした。献身的に活動されているボランティアグループの方たちを見て、息子の病気が治り、退院したら私も活動しようと思っていました。残念ながら、2年半の闘病の末、息子は8歳で亡くなりました。でも、息子が開いてくれたボランティアの道を進もうと、病院でのボランティア活動を開始しました。その活動を通して、ボランティアをすることの喜びを知り、その後、もっと私にできることはないかと思っていた時、バングラデシュ支援のチャリティーコンサートに誘われ、参加しました。そこで、バングラデシュ人のアニスルさんの話を聞き、初めて世界の飢餓に目を向けたのです。バングラデシュでは、息子よりも小さい子どもたちが、毎日飢餓や病気で亡くなっていくという事実に衝撃をうけました。
このチャリティーコンサートでの出会いが私の人生を大きく変えました。2000年にバングラデシュ支援グループ“エトセトラ”を立ち上げ、チャリティーコンサートを中心に、フリーマーケットやカレーパーティーなどエトセトラの活動を続け、バングラデシュにも2回行ってきました。そして、これまでに42基のヒ素除去装置のついた井戸を作ることができました。また、母と子の健康を守るための新しい活動にも取り組んでいます。
一人では何もできませんが、みなさんと力を合わせれば世界の飢餓をなくすことも可能だと信じています。
私たち一人一人の心にボランティアの心が芽生えれば、社会が変わり世界が変わります。ぜひ、エトセトラのボランティアの心を広げるコンサートにいらしてください。