「命をいただく」ということ

2016年10月24日

%e5%b0%8f%e5%b0%be%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e6%b8%88%e5%86%99%e7%9c%9f先日、友人と釣りへ行きました。朝早く起きて、船で沖へ出て、キスを釣りました。船から降りたら、釣ったばかりの魚を食べるために、近くの料理屋へ。刺身や天ぷら、から揚げなど、どれもすごくおいしかったです。そして、この時食べた魚はいつもより特別でした。

ついさっきまで生きていたものを自分で釣って、自分で食べるということで、命をいただいているということをすごく実感したからです。そして、食べることへの感謝、残さないことへの責任をより感じました。

啓発活動インターン:小尾

ぎっくり腰の日の夕食

2016年10月20日

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%a4%95%e9%a3%9f日曜日の朝、洗濯物を干そうと、カゴを持ち上げたとたん腰に一撃が。そう、ぎっくり腰です。一日痛みに耐えながら寝て過ごすことに。夕方、普段料理をしない息子が、見かねてカレー作りに挑戦。「タマネギの切り方は?」「ナスは入れる?」など、一つひとつ確認しながらたどたどしく作っていると、帰宅した夫も合流。夫も普段料理しないので「タマネギは炒める?炒めない?」など男子二人厨房に入って、あれやこれやと言いながらなんとかでき上がりました。
途中、鍋底が真っ黒こげになったり、具の量が多すぎて鍋からあふれ、大きな鍋に移し替えたりとハプニングの連続でしたが、でき上がったカレーは、びっくりするくらいおいしく、あっという間に減りました。

一生懸命に人から作ってもらった食事はありがたく、おいしいものです。あとは私が元気なときも自主的に料理作りをしてくれれば、文句なしですが……。

広報担当職員:糟谷

10年間のありがとう。新しい挑戦

2016年09月30日

%e7%94%b2%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a今月末でHFWを退職することになりました。さまざまな社会課題に取り組む人たちを少しずつ応援したい、複雑化・深刻化する国内外の問題を広い視野から捉えて解決策を考えたい、と思い決断しました。営利・非営利問わず、いろいろな道を模索するなか、先日、「これだ!」というお仕事が決まりました。10月から、国際課題を研究し、その成果を現場に情報発信するお手伝いをします。
2007年から約10年、本当にお世話になり、多くのことを経験させていただきました。これが最後の日記になります。ありがとうございました。

今後も会員としてHFWの応援を続けます。現在の会員さんで最長の方は32年目になられます。私が会員32年目を迎えるのは2038年。そのころには、飢餓が解決していることを願っています。そして、1日も早くそのときが来るよう、会員として、社会人として、地域住民として、母親として、できることを続けていきたいと思います。

会員・寄付者担当職員:甲野

社会的インパクト評価へ

2016年09月27日

%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%9a%84%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88社会的インパクト評価という概念が、行政・企業・助成財団等の間で急速に普及しつつあります。NPO/NGOが行う活動の成果が、どの程度社会に影響を与えているのか? それをどう計るのか等、具体的な施策が議論されています。HFWもこの議論のメンバーに加わっていますが、メンバー総数約100組織に対し、NPO/NGOは10組織以下です。HFW自身もそうですが、“活動したこと”そのものに満足してしまい、その活動の成果をしっかり評価し、その成果を社会に波及させる努力を怠りがちです。

HFWでは、現在の中期計画に社会的インパクトを評価する仕組みを導入中です。まずは自分の組織でしっかり評価できる体制を構築していきます。

事務局長:渡邉

会計チェックの裏側

2016年08月31日

201608291624会計チェックをするときは、支部の担当職員に、損益計算書・貸借対照表・バンクステイトメント(海外は預金通帳がないため、通帳の代わりとなる書類)・現金出納帳・給与台帳をプリントしてもらっています。担当職員が退職して新職員に引き継ぐまでの間、職員が不在だったので、インターンにバングラデシュの会計チェックをするための資料をプリントしてもらいました。すると2時間くらいかかったとのことでビックリしました。
改めて枚数を数えてみたら、全部で130枚くらいの分厚い資料です。枚数を知るとまたビックリです。

通常の会計チェックは1時間くらいで終わるのですが、いつも会計チェック前に時間をかけて資料をそろえてもらっているからですね。そのことにも改めて感謝です。

経理担当:廣岡

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »