バングラデシュのお土産

2017年01月27日

チャツネ事務局長の渡邉さんが、先日バングラデシュ出張から帰国しました。 今回のお土産は、バングラデシュ支部事務局長のミトンさん宅で作った、手作りチャツネ。いろいろな香辛料が入っていてスパイシー、そしてちょっとカレー味。後から辛さが口の中で広がり、今まで食べたことがない味でした。

ミトンさんは、いつもお土産にバングラデシュのお菓子を持ってきてくれるのですが、今回はいつもと違う家庭の味を渡邉さんに託して、バングラデシュの食を伝えたかったのかなと思いました。事務所で食事をする時に、みんなでいただいています。 ご飯にちょっとつけたり、コンニャクにつけて食べたりしても、とてもおいしかったです

経理担当・総務担当職員:廣岡

支部の仲間と一緒に

2016年12月27日

支部の仲間と一緒に8月に入職してから4か月余り。10月のバングラデシュ出張に続き、11月はこれまた初のブルキナファソ出張と、改めて振り返るととても「濃い」数か月でした。出張中は、隣国のベナン支部からも4名の職員を迎え、ブルキナファソ・ベナン支部合同の事業計画ワークショップを行いました。今回初顔合わせとなる支部職員と、お互い少し緊張気味のスタート? でも7日間にわたり、率直な意見交換をしながら新しい地域開発事業の計画づくりを進め、また毎日一緒にごはんを食べたり、仕事以外の話をしたりする時間を共有したことで、チームとしての一体感を強めることができました!

遠く離れた支部との日常的なコミュニケーションは、メールやスカイプ等格段に便利にはなりましたが、お互い顔を合わせ、同じ空間で仕事をすることで得られる成果は大きいと、改めて実感しています。
新しい事業計画が本格的に回り始める来年は、出張の機会も増えることになりそうです!

地域開発・バングラデシュ支部担当職員:佐藤

自分に優しい食選び

2016年12月21日

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e6%b8%88%ef%bc%92最近、ヴィーガン料理を食べに行くのが趣味になりつつあります。ヴィーガンとは、肉や魚だけでなく、卵や乳製品も食べない完全菜食主義者のこと。最近日本でも注目され始め、提供する店が増えてきています。
高校生の頃、私はファストフードが大好きで、放課後はほぼ毎日友達と一緒にフライドポテトやハンバーガーを食べていました。そんな生活をしていたら8キロほども太ってしまい、20代になってから「体に優しいものを食べたい」と思うように。それから、昼ご飯を食べるときなどは、ヴィーガン料理など健康的なものを積極的に選んでいます(ヴィーガン料理を食べるのは本当に趣味程度で家では肉も魚も食べます)。

日本には、自分で好きなものを選んで食べられる恵まれた環境があります。私は10年後、20年後の将来の自分を想像しながら、食べるものを選択していきたいです。

広報担当インターン:斉藤

購入する物の選び方

2016年12月12日

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e6%b8%88以前寄付者の方から、窓部分がセロハンの封筒は、ゴミの分別をするときに不便だというご指摘をいただきました。そこで在庫がなくなり次第、ゴミ分別の必要がない、窓部分が紙の封筒に切り替えることにしました。若干セロハンより単価が上がりますが、送られた側の負担、気持ちの受け止め方を優先に考えました。

写真のカレンダーは、あるNPO団体からいただいたもので、売り上げの一部が、ラオスの子どもたちの教育支援にあてられます。こういった日用品についても、「買うことでできる他者への貢献」を考えて選択したいと思います。

会員・寄付者/総務担当:瀬浦

「食べる」伝統文化

2016年12月02日

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e6%b8%88去る10月、子どもが1歳の誕生日を迎えたので「一升餅」を準備しました。恥ずかしながら私はこの行事を知りませんでした(念のため解説すると、1歳の誕生日に一升餅で祝う。「一升」と「一生」を掛けて、一生食べ物に困らないようにという願いが掛けられている)。
子どもが産まれて初めて知ることが多いのだけれど、日本は「お食い初め」や「一升餅」など、食べ物に関する伝統や文化が本当に多い国だと感じます。それだけ、「食べる」ことが非常に大切にされ、また私たちが生きていくうえで欠かせないものだと、改めて考えるきっかけになりました。

ちなみにこの一升餅と併せて、用意したさまざまな品物から自由に選ばせて将来を占う「選び取り」なるものがあって、これはこれで多いに盛り上がった石川家でした。

資金調達担当職員:石川

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »