バングラデシュ

貧しい農村部を中心に、最も弱い立場のひとびとの自立を支援

2000年から、首都ダッカと農村部のカリガンジ郡、ボダ郡の3地域23ヵ村で、21の事業を実施しています。

活動地の約8割以上の住民にとって、農業が唯一の生活手段。しかし、化学肥料や農薬の使用が家計を圧迫し、さらに健康被害や地域環境の悪化などを招き、人々の生活を苦しめていました。HFWは、お金をかけずに肥料の材料を入手でき、家計と環境に優しい有機農業を推進しています。また、バングラデシュでは伝統的に女性の地位が低く、若いうちに親の命令で結婚。家庭内で十分な食事もとれずに家事労働を担い、医療設備の整っていない環境で出産することが多く、命を落としたり、死産したりすることも多くありました。そこで母子保健センターを建設し、地域の医療を守るとともに、女性が収入を得て家庭内での地位を上げられるよう、女性対象の職業訓練、起業支援や女性の権利を守る啓発活動などを行っています。また、各村で村の開発組織を立ち上げ、行政と協働して村を発展させる取り組みを始めました。

ミーティングをするダッカ事務所の職員

首都ダッカとボダ郡、カリガンジ郡で活動


どんな国?

毎年のように襲う洪水やサイクロンなどの災害に直面し、最貧国のイメージが強く残っています。しかし、収穫時には稲穂がたなびく「黄金の国」と呼ばれる一面もあり、困難に負けない明るい国民性が、国の基盤を支えています。
1971年に独立戦争に勝利して、パキスタンから独立。人口密度が日本の3倍近くあり、北海道ほどの広さに日本を超える人口を有しています。その労働力とマーケットに注目し、多くの外国資本の企業が進出。衣料品の輸出を中心に近年著しい経済成長を遂げています。

水田が広がる肥沃な大地

活動の背景と課題

急速な経済発展の陰で環境破壊と格差が広がるなどひずみも生じています。人々の生活、環境や食料の権利を守るための法整備が追いついていません。地方では零細農家が多く、化学肥料などの費用が家計を圧迫しています。また、女性の地位が低く、多くが十分に食事を取れていません。十代で親が決めた結婚をし、妊娠しても少ない食事で重労働を担っています。医療機関での受診率も低く、流産や、低体重の子どもが生まれる原因になっています。

人口密度が高く都心部では交通渋滞が問題に

データで見るバングラデシュ人民共和国  People’s Republic of Bangladesh

項目 内容
面積 14万4000k㎡(日本の約5分の2)
人口 1億6099万6千人
主な産業 衣料品・縫製品産業、農業
1人あたり国民総所得 1080米ドル
5歳未満児死亡率(1000人中) 38人
妊産婦死亡率(出生10万人中) 176人
平均余命 72年
成人識字率 60%
1日1.9ドル以下で暮らす貧困層の割合 44%

*出典:ユニセフ『世界子供白書』2016、外務省ホームページ

養魚事業で収入を創出


食べるよころびを育む4つの活動~バングラデシュ~

地域をつくる

栄養改善、教育、保健衛生、収入創出、ジェンダー平等の推進、環境の6分野すべてにわたって事業を実施。女性や青少年、零細農家支援に力を入れています。

ブログ検索

有機農業を支援。住民自身で販売も


しくみを変える

HFWが主導して結成したネットワーク「ビジョン2021フォーラム」や「バングラデシュ国内の農産物の安全推進を訴えるネットワーク(b-SAFE)」を通じ、政策提言を実施。

ブログ検索

2021年までに飢餓をなくす「ビジョン2021フォーラム」の全国会議


気づきをつくる

住民にも理解しやすいよう、ベンガル語での「食料への権利」ハンドブックを制作。また、啓発イベントで、わかりやすく「食料への権利」の重要性について伝えています。

ブログ検索

住民から選ばれた事業の推進役らに「食料への権利」研修を実施


若い力を育てる

3地域28グループ456名で活動。青少年デー、麻薬撲滅デーなどに合わせた集会、青少年政策への提言活動、収入創出のための家畜事業などを実施しています。

ブログ検索

youthbd

全国の若者たちと模擬国会を開催