ベナン

生活の基礎となる教育と、住民の命を守る保健センターの運営や子どもの栄養改善を中心に活動

商業都市コトヌから比較的近いアトランティク県ゼ郡ベト村とその周辺村で、2005年から本格的な活動が始まりました。

ベナンは世界のなかでも識字率が低く、国の発展を阻む一因となっています。そのため、HFWでは青少年と成人対象の識字教育を実施。読み書きや計算の能力によって、より高い収入の得られる仕事に就いたり、商売をスムーズに行えるようになったりしています。また、小学校に上がってから勉強についていけずに学校を辞めてしまう子どもが出ないよう、幼稚園を運営。幼いうちから基礎となる読み書きを身につけ、食事の前に手を洗うなどの生活に必要な知識を教えています。また、出産時の不衛生な環境から命を落とす妊産婦が多いため、母子保健センターを運営。安全なお産ができるようになりました。5歳未満の栄養不良の子どもとその母親には栄養改善事業を実施。栄養の知識や調理法について伝えています

ミーティングをするベナン支部職員たち

最大都市コトヌから46km離れたベト村とその周辺村で活動


どんな国?

西アフリカのギニア湾沿いに位置し、南北に長く伸びる国土は、南は亜熱帯、北はサバンナと変化に富んでいます。人々は明るく友好的で、国内で40以上の部族が存在しながらも争いがなく治安が良好です。フランスから独立後も、政治的にも複数政党による民主政治が行われて安定し、アフリカにおける民主主義の手本として評価されています。国民のそれぞれが民主主義に対して高い意識を持ち、自分たちで国を良くしていこうという風土が根づいています。

市場では穀物や野菜が売られている

活動の背景と課題

一番近くても7~8km離れたところにしか医療施設がなかったこの活動地では、安全なお産ができず、多くの妊産婦が命を落としていました。人口の60%が35歳以下の若者で、全体に就学率、識字率が低く、収入の高い仕事に就きにくいことが課題となっています。栄養についての知識が乏しく、家計は男性が握り、女性と子どもに十分な食事が行き渡らないことが多く見られます。また、不衛生な環境から病気にかかり、医療費が家計を圧迫して食費に回せないケースが多く見られます。

HFWの青少年・成人対象の識字教室

データで見るベナン共和国 People’s Republic of Benin

項目 内容
面積 11万2622k㎡(日本の約3分の1)
人口 1088万人
主な産業 農業(綿花、パームオイル)、サービス業(港湾業)
1人あたり国民総所得 890米ドル
5歳未満死亡率(1000人中) 100人
妊産婦死亡率(10万人中) 405人
平均余命 60年
成人識字率 29%
1日1.9ドル以下で暮らす貧困層の割合 53%

*出典:ユニセフ『世界子供白書』2016、外務省ホームページ

HFWの運営する幼稚園で給食事業を実施


食べるよころびを育む4つの活動~ベナン~

地域をつくる

ベト村とその周辺村で、栄養改善、識字教育、幼稚園運営など7つの事業を実施。幼稚園の給食事業と母子保健センター運営は、将来の住民による運営に向け自立委員会が発足しました。

ブログ検索

HFWに教わった母親たちが自主的に栄養改善のワークショップを実施


しくみを変える

支部事務局長が理事長を務める西アフリカ平和構築ネットワーク(WANEP)ベナンを通じ、国内の関係機関に提言活動をしたり、開発事業を地方自治体と協働運営できるよう提言。

ブログ検索

管轄官庁であるゼ郡庁とドジ・バタ地区長に土地利用について提言


気づきをつくる

住民が参加しやすいよう夜間に啓発集会を実施したり、ラジオを使って広く知識を普及するなど、より大勢の人に伝える工夫をしながら活動しています。

ブログ検索

事業の推進役たちが住民たちに生活に必要な知識を伝える


若い力を育てる

2地域2グループ、約70名で活動。学校で「食料への権利」についての啓発や野菜栽培、清掃活動などを実施。地域のイベントに積極的に参加し、他の青少年組織と関係を深めています。

ブログ検索

学校で啓発活動を行うYEHメンバーたち