活動レポート 日本

2011.10.21 日本

企業からNGOに転職するには? 就職ガイダンスで講演

夜遅くまで書損じハガキのカウントをしたことも…。裏話も交えて業務を紹介する石川(写真:JANIC)

9月27日、国際協力NGOセンター(JANIC)が主催する「NGO就職ガイダンスSpecial~企業からの転職~」が東京・広尾のJICA地球ひろばで行われ、ハンガー・フリー・ワールド(HFW)資金調達担当の職員 石川圭が講演。NGOへの就職、転職に興味を持つ社会人、学生など約50名を前に自らの経験を語りました。

ガイダンスではまず、JANICの担当者がNGOで求められている人材や就職状況、気になる待遇面のデータなどを紹介。その後、実際に企業から転職した例として、石川らNGOのゲスト2名が登壇しました。石川は、学生時代、企業時代の経験を紹介。接客や営業で身に着けがことが、HFWでもひとつぶ募金など寄付の企画、ボランティアさんとのコミュニケーションなどの面で生かされていることを伝えました。

さらに、現在の業務について紹介。NGOでは担当業務以外にも、さまざまな仕事が任されること、例えば事務所の棚づくりを任されたというエピソードも。参加者には「NGOで働く前に、まずは自分に合っているかを確認するためにも、ボランティアやインターン、イベントなど活動に参加してみることが大事」とアドバイスを送りました。真剣に話に耳を傾けていた参加者からは、「転職した際の周囲の反応は?」「人事評価の方法は?」など、転職、そしてNGOで働く上での具体的な質問も出て、関心の高さがうかがえました。 (2011.10.21)

満員となった会場。事前に定員で申し込みが締め切られたほどの人気(写真:JANIC)

日本の最新レポート