HFWでの生活

2012年10月11日

HFWでの生活先月、3ヵ月ごとに行われる担当職員との面談がありました。その際に印象に残ったのは、面談によってインターンの業務評価をするのではなく、どうしたら目標達成できるかを考え、支援してくださろうとしていたこと。たとえば、私の目標のひとつ「自分の幅を広げる」が、担当している翻訳業務とどんなふうにつながっているのか確認されました。そう意識して考えてみると、翻訳は、ふだん自分がいる場所とはまったく違う、活動国の状況や声を知ることができる貴重な機会だと気づくことができました。

インターンを単なるお手伝いとして扱っていないHFW。それは、住民主体を重視する支援の姿勢とどこか似ています。そんなHFWで、より一層、自分を向上させ、また活動に貢献していきたいと思います。

ウガンダ支部担当インターン:濱中

ワラの使い道

2012年09月24日

ワラの使い道満員電車の中、周りの乗客に少し迷惑な顔をされながら、自宅(米農家)からワラを持ってきました。10月上旬に開催される国際協力のイベントにHFWとしてブースを出展する際、開発途上国のマーケットを再現するのですが、そのディスプレイの一部に活用するためです。

昔からワラは、家畜の肥料や住宅の建材(屋根や壁の一部)など幅広く活用されてきましたが、時代は変わりその役目も少なくなっています。しかし、今でも私の地元のお正月の神事では、神社の鳥居にかける「しめ縄」を、集落の人たちがこのワラでちゃんと作っています。私はいまだに作れないので、いつかは作り方をマスターしたいと思います。

事務局長:渡邉

日本一の花火にパワーをもらって

2012年09月04日

日本一の花火にパワーをもらって1泊2日で大曲花火大会と中尊寺をまわるバスツア?に参加してきました。大曲の花火大会はテレビ放送もされていますが、生だと音も大きさも迫力があり、色彩も豊かで、3時間が長くない素晴らしさです。全国の花火師が日本一を競う大会なので、花火への深い思いと情熱が感じられました。

ですが、来場者はなんと80万人。バスの駐車場から会場までは徒歩1時間、さらに観覧席まで30分かかりました。終わったあとも2時間歩き、駐車場に着いたのが午前0時、ホテルに着いたのは午前3時近くで、大変な思いをしましたが、それでも見る価値がある素晴らしい花火でした。花火と世界遺産にパワ?をもらってリフレッシュできたので、また仕事を頑張ろうと思います。

経理担当職員:廣岡

「知る」という一歩から

2012年08月21日

「知る」という一歩から科学が発展し、豊かになっていく世界の片隅で、食料不足に苦しむ人がいる。一体なぜだろう。そんな疑問を抱いてHFWの扉を叩いて半年。イベントのお手伝いや、食料問題に関する情報収集をする中で、飢餓にはさまざまな要素が複雑に絡まっていることが、少しずつわかってきました。あまりの複雑さに頭を抱えたくなるときも……。

ですが、問題解決への千里の道も、「知る」という一歩から始まります。以前、受験勉強の合間にイベントに来てくれた高校生が「世界には全人口をまかなうのに十分な食料がある」という事実を知って、とても驚いていました。将来、この子が飢餓をなくすために奮起する日が来るかもしれない。そう思うと、「一歩」を踏み出すお手伝いにやりがいを感じます。

啓発事業担当インターン:吉村

出張の楽しみ

2012年08月15日

出張の楽しみ5月31日をもって、第11回書損じハガキ回収キャンペーンが無事終了しました。その後は毎年、協力者の方々への換金額の報告のため、全国を走りまわっています。そんな出張の楽しみといえば、おいしいものめぐり。土地ごとに違う食材、調理方法があり、あらためて食の多様性を感じています。

7月1週目は自分の誕生日。その日から全国出張を開始した私は、その夜、自分へのご褒美も兼ねて、充実した成果が出るようにと、とんかつと海老フライの「よくばり膳」をいただきました。しかし写メろうと思ったら、バッテリー切れ。これも出張ならではですね。というわけで、今回の画像は翌週に訪れた福岡から、博多名物の「ごまさば」を。ごまとねぎで和えたさっぱりとした一品でした。

資金調達担当職員:石川

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »