ブルキナファソ : 飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールド HUNGER FREE WORLD     

ブルキナファソ

子どもたちの栄養改善と、お母さんたちの経済的自立を支援

2005年から、首都ワガドゥグにほど近いクブリ郡で、住民の栄養改善と収入向上などを目的とした活動を進めています。

5歳未満児死亡率が高いため、HFWでは、母親に栄養指導を行い、栄養知識や地元でとれる食材を使った料理や、消化吸収のよい調理法などを伝え、家庭でも栄養のある食事がとれるようにしています。

また、活動地では一日1.9ドル以下で暮らす貧困層が大半のため、十分な食料を購入できるよう現金収入を増やす必要があります。農業で生計を立てる家庭が大半であるため、作物の収穫量を上げるための農業研修などを実施しています。さらに家族の健康のカギを握る母親たちを対象にしたマイクロクレジット事業(小規模貸付)なども行っています。

ブルキナファソ支部の職員ら

アフリカ西部のサハラ砂漠の南に位置する内陸国


どんな国?

サハラ砂漠の南に位置する内陸国で、乾燥地帯の厳しい気候のなかで国民の大半が自給自足の小規模農家です。雨水に頼る伝統的な農業のため、異常気象による干ばつや不安定な降雨量の影響を受けやすいこと、土壌環境の劣化によって農業の生産性が低いことなどが原因で、常に食料不安にさらされています。一方で、「高潔な人々の国」を指す国名どおり、国民性は穏やかかつ勤勉で、文化に愛着を持った60以上の部族が共存しています。

雨期以外は乾燥が続く。子どもたちの後ろに見えるのは穀物貯蔵庫

活動の背景と課題

内陸国でインフラが未整備のため物流コストがかかり、もともと食料価格が高めです。現金収入が少ない農家では異常気象による作物の不作に直面すると食料調達が困難で、一日1回か2回の食事で、内容も炭水化物に偏るなど栄養不足が生じています。また、活動地では家計に占める食費の割合が約7割と非常に高く、食料価格の高騰や作物の不作が起こると、食事の回数を減らす、質を落とさざるを得ず、特に免疫力の弱い子どもたちは栄養不良に陥るリスクが常にあります。男性優位の社会で女性、子どもの食事が後回しになっており、栄養知識の普及と女性の収入向上が課題です。近年では政情の不安定な近隣諸国の影響を受け、テロなどのリスクにさらされています。

杵と臼をつかって雑穀のミレットを脱穀

データで見るブルキナファソ People’s Republic of Burkina Faso

項目 内容
面積 27万4200k㎡(日本の約70%)
人口 1975万人
主な産業 農業(粟、とうもろこし、タロイモ、綿及び牧畜)
1人あたり国民総所得 670米ドル
5歳未満死亡率(1000人中) 76人
妊産婦死亡率(10万人中) 320人
平均余命 61年
成人識字率 41.2%
1日1.9ドル以下で暮らす貧困層の割合 43.7%

*出典:ユニセフ『世界子供白書』2019、外務省ホームページ、UNESCO Institute for Statistics、世界銀行

壊れた井戸を修正することで清潔な飲み水を確保


食べるよころびを育む4つの活動~ブルキナファソ~

地域をつくる

クブリ郡の4つの村で、ぜい弱な世帯を対象にした食料摂取と栄養の改善、協同組合支援などの事業を実施しています。

ブログ検索

新レシピ教室

地元でとれる栄養バランスのよいレシピを教える


しくみを変える

「食料への権利」が憲法に記載されるよう提言活動を実施。また、各省庁の国家予算策定関係者らとの会議を主催し、「食料への権利」を実現する政策や予算について話し合いを重ねています。

ブログ検索

予算会議

農業省、保健省、女性省、環境省、水利省、財務省などの担当者が出席


気づきをつくる

「食料への権利」を中心に啓発活動を実施。紙芝居などで、住民にわかりやすく伝えるよう工夫をしています。住民たちは議論し合い、実現に向けてさまざまな提案を行っています。

ブログ検索

紙芝居教材で生活に必要な知識を住民に伝える


若い力を育てる

(活動規模:58名)
憲法改正が予定されているブルキナファソでは、「食料への権利」が明文化されるよう、青少年が主体となってキャンペーンを実施。ラジオ番組で呼び掛けるなど、メディアや政治家などから注目を集め、効果的な活動を展開しています。

ブログ検索

子どもたちを前に説明

学校で子どもたちに栄養の大切さや衛生に気をつけることなどを伝えた