おいしいエコ

2009年08月17日

おいしいエコ健康とエコのため、科学肥料や農薬が使われていないオーガニック食材を、できるだけ選ぶようにしています。近所のスーパーでは種類が限られているため、先日初めて通販を利用。旬の野菜をお店でセレクトしてくれるもので、ナスやズッキーニなどの夏野菜を中心に、11種類の野菜と果物が届きました。一人で食べるには少し多めですが、無駄なく食べられるようネットでレシピを検索するなど工夫しています。人参やジャガイモも皮つきのまま食べられるのが嬉しい限り。

もっとオーガニックの食材を選ぶ習慣が広まり、それがエコにつながればいいなと思いながら、毎日野菜を食べています。

国内事業担当インターン:多田

世界の水問題と私の関係

2009年08月12日

世界の水問題と私の関係先日、インターン業務の一環として、世界の水危機についてセミナーに参加しました。水不足は想像以上に深刻で、今後の人口増加に見合う水資源の確保は緊急課題とのこと。そして、その問題には先進国の豊かな食生活が密接に関わっているそうです。自給率が低く、食料を外国からの輸入に頼っている日本。それは農業で使われるたくさんの水を輸入しているのと同じこと。毎日何の苦労もなくきれいな水を飲むことができ、豊かな食生活を送れる、そんな生活に慣れていた自分に気づきました。

と同時に、この生活は当たり前ではないことを実感。インターン業務を通して、自分にできることは何か、考えさせられる毎日です。

国内事業担当インターン:鈴木

魅惑の切手

2009年08月06日

魅惑の切手最近のマイブームは切手鑑賞。切手に詳しい当団体の理事から、1950年以前の切手は、その希少価値から収集家の間で高く売買されていると聞いたことがきっかけです。切手カタログを購入して調べたところ、大正時代には100万円を超える切手も! 切手には紙幣のように「透かし」のあるものもあり、その有無で金額が10倍以上異なるようです。カタログを買って以来、「書損じハガキ回収キャンペーン」で届いた未使用切手を眺めては、高そうなものを別ファイルに移しています。業務の一環が趣味になりつつあり、今では切手を見ただけで大よその相場が分かるほどに。

いつか100万円台の切手に巡り合えることを夢見て、切手を鑑賞し続けます。

事務局長:渡邉

バングラデシュで質問攻め

2009年08月01日

バングラデシュで質問攻め4月末から約2ヵ月間、現地インターンとしてバングラデシュに滞在していました。まだまだ外国人の珍しいバングラデシュ。活動地域の農村では、まるで映画スターが来たかのように歓迎してくれました。そして、好奇心旺盛な村の人たちは、遠い国から来た異国の人間に興味津々。「何歳なの?」「結婚はしている?」「兄弟は何人?」「ご両親は健在?」など、次から次に質問攻めです。好奇心の強さと人懐っこさもさることながら、質問の内容が家族に関するものが多いのも、この国ならでは。

たくさんの現地の人と触れ合えた2ヵ月間。家族を大切に思うバングラデシュの人たちが大好きになりました。

バングラデシュ担当インターン:川合

優しいオムツ

2009年07月29日

優しいオムツ先日、義理の姉とベビー用品店へ行きました。姉は二児の母であり、買い物はほとんどが子どもたちのものです。その日は紙オムツ2箱を購入。商品を選ぶ際には、一枚あたりの値段を計算して比較していました。毎日何枚も使うものなので、けっこう費用がかさみます。そして、値段もさることながら、使った後のゴミの量もかなりのもの。母から、何度も繰り返し使え、赤ちゃんの肌にも優しいという布オムツの話を聞いたことがありますが、やはり忙しいお母さんたちにとっては紙オムツの方が便利です。

海外にはセルロースを原料としたエコオムツがあるそう。将来、自分が母親になるころには日本でも流行っているといいな、なんて思いました。

べナン・ブルキナファソ担当インターン:渡邊

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »