郊外の緑に思うこと

2009年07月11日

郊外の緑に思うこと私は今年の2月に、留学していたアメリカの片田舎から帰国しました。アメリカの環境に慣れたせいか緑が恋しくなり、最近、山登りやハイキングを始めました。神奈川の丹沢周辺や東京の奥多摩など、こんな大都会でも一歩出ると美しい自然が。このようなきれいな自然をいつまでも残したいと、環境に負荷の少ない暮らしを目指し、自分なりに努力しています。そして、私がインターンとして担当しているバングラデシュは、大洪水などの自然災害に悩まされることの多い国。

インターン業務を通してバングラデシュの環境保全にも貢献できればと思いながら、日々の仕事に取り組んでいます。

バングラデシュ担当インターン:本橋

身近なもので国際協力

2009年07月06日

身近なもので国際協力1月から行っていた第8回書損じハガキ回収キャンペーンが終了しました。集計の結果、なんと5800万円以上の資金に。100年に1度の不況と言われる中でも全国各地の方からこんなにご支援いただいていると思うと明るい気持ちになります。また回収物はキャンペーン終了後も常時受け付けていますが、お買い物でも国際協力ができます。その1つ、「銀座あけぼの」のぱいまんじゅうは、売上の一部がHFWへの寄付になるそう。先日散歩中に店舗を発見し、思わず立ち寄りました。

家に眠っているハガキや毎日のおやつが支援につながると考えると、国際協力が身近なものになると思いました。

資金調達担当インターン:唐澤

省エネの季節の誘惑

2009年07月01日

省エネの季節の誘惑HFW事務所があるビルには、地下1階にうどん屋さん、1階にカフェが入っていて、その隣にはラーメン屋さんもあります。外の涼しい風を入れるために窓を開けていると、天ぷらを揚げるにおいやラーメンのにおいが7階の事務所まで立ち上ってきます。私は、食事の後でもラーメンのにおいがすると食べたいと思うほど食いしん坊。食欲をこらえられずにお菓子をつまんでごまかしたり、夜当番でお弁当を持って来ていない時は、えび天の誘惑に負けてうどん屋さんに駆け込むことも。

冷暖房を入れる時は窓をしめているのでよいのですが、今はまだ省エネのために入れておらず、この季節は食欲をそそるにおいとの戦いです。

経理担当:廣岡

発送作業の楽しみ

2009年06月24日

発送作業の楽しみHFWには、日本国内だけでなく海外在住の会員さんがいらっしゃいます。また、普段はE-MAILで原稿のやり取りをされている翻訳ボランティアの方の中にも、海外在住の方が数人。この方たちに情報誌「ハンガー・フリー・ニュース」などの定期刊行物を送る際、貼る切手を選ぶのが私のひそかな楽しみ。書損じハガキ回収キャンペーンで送られてくるたくさんの切手の中には、色のきれいなものや絵の楽しいもの、日本の歴史や文化を感じられるものなどがあり、貼るほうも楽しくなります。

封筒の中身はもちろんですが、郵便を受け取った時にも喜んでいただけるといいなと思いながら、切手を選んでいます。

会員寄付者担当:御厨

NGOのジェンダー・バランス

2009年06月19日

ジェンダーバランスいまHFW事務所の職員は、女性8名:男性2名。他のNGOでも圧倒的に女性が多いそうです。この比率は、大学で「ジェンダー」の授業を受けている私には興味深いです。一般企業と比べると、NGO職員の給与は控えめなので、一家の大黒柱となるつもりの男性が選択しづらい職業なのかもしれません。実際HFWには、家族を養うために退社・転職した男性職員もいるそう。一方、女性職員には20年以上働く人や産休をとって復帰を予定している人もいます。

男女平等に評価され、女性も生涯活躍できる貴重な職場だと感心する一方、給与・社会保障面はこれからの課題なのかな、と感じました。

ベナン・ブルキナファソ担当インターン:井上

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »