モノづくりの精神

2007年12月30日

モノづくりの精神ひとつぶ募金参加者への特典「ひとつぶマグネット」が完成しました。「食べる喜びを世界の人とわかちあってほしい」と職員全員でアイディアを絞った力作です。募金による支援の成果や世界の食の問題を伝えるポストカードを、食卓に立てたり、冷蔵庫に貼れるマグネット。材質やデザイン、予算にもとことんこだわり、制作に関わる業者さんに言ったわがままは数知れず。それでも職人さんは「良い作品になりそう。こういうの作るの好きですから」と、サンプル作成やデザイン調整など、労を惜しまず協力してくれました。

彼らと接して、仕事を超えたモノづくりの精神に感動。私も広報担当として、愛情をこめて広報物を制作していこうと思いました。

Array

ポテトが飢餓をなくす?

2007年12月27日

ポテトが飢餓をなくす?国連では毎年、 国際社会が1年を通じて取り組むべき共通の課題を設定する、「国際年」を設けています。2008年は「国際ポテト年」。
実は、ポテトに含まれる栄養素はたんぱく質、アミノ酸、ビタミンCと非常に豊富で、世界の食料安全保障と貧困削減にポテトは欠かせない存在。その重要性についての認識を世界中で高めようという年なわけです。

ポテトが飢餓と貧困をなくす! とあらば、ポテト菓子を製造・販売する会社と協力して何かできるはず。例えば、お菓子のパッケージで国際ポテト年や世界の飢餓・貧困問題に触れてもらうなどなど……夢は広がります。ということで、現在各社にアプローチ中です。結果は乞うご期待。

事務局長:渡邉

別れの日

2007年12月24日

別れの日イベントや募金のチラシ、ロゴ入り封筒の印刷など HFWの活動を縁の下で支える印刷機。特に思い出深いのは、2006 年のグローバルフェスタ前日です。例年より1つ多い3ブースを出展したため、準備が追いつかず、その日は泊り込みで作業しました。展示パネルや手工芸品の手配が終わり、あとはチラシの印刷のみ。でも残された時間はわずか ……。そんな中、無事当日を迎えられたのは、1分間で約 100枚を仕上げてくれるこの印刷機のおかげでした。

しかし、備品整理の一環でこの印刷機は事務所を去ることに。最後の稼働日、私は深い感謝の念を胸に抱きつつ、最後の1 枚を刷り上げる姿を見届けました。

Array

名刺交換プロへの道

2007年12月20日

名刺交換プロへの道「あーっ、名刺が足りない!」 HFWの出展するイベントが続けて2つあり、1つ目で名刺がほとんどなくなってしまいました。でも都合がつかず、次のイベントまでに事務所に行くことは不可能。そこで、「名刺がなくて交換できないよりは……」と、急遽自宅で作成しました。
手作り名刺を交換したイベントの帰りには事務所に寄り、きちんと HFWのロゴ入り名刺を印刷していただきました。

インターンを始めて 2ヶ月、 NGOの勉強会や企業とのイベント会議、生協まつりなど、新しい出会いの機会が非常に多くありました。ぎこちなかった名刺交換も、少しはスムーズにできるようになってきたかなと思います。

Array

バッグ消臭大作戦

2007年12月16日

バッグ消臭大作戦ベナンに出張中の職員さんから、ベナンの布でできたバッグが大量に送られてきました。手工芸品として日本で販売するためです。そのバッグを整理しようとしたところ……なぜか全て石油くさい! 事務所の一角が石油臭に包まれるほど。これでは売り物になりません。品質・衛生管理もインターンの大事なお役目。ということで、ファブリーズを買いに走り、職員の手を借りながら3 時間かけて消臭しました。

後日戻った職員さんによると、「バッグの作業所が、石油の売店の近くにあったんだよ」とのこと。石油はかかっていないそうで、衛生上問題ないことを確認でき一安心。今度は、できれば違うお店で買ってきてください……。

ベナン・ブルキナファソ担当インターン:榊原

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »