NGOをマッサージ?!

2008年02月14日

NGOをマッサージ?!背中の骨が若干曲がっている私は、座り仕事が続くと、すぐ腰痛になってしまいます。最近、腰の痛みが辛くなってきたので、近所の鍼灸整骨院に通い始めました。先生にマッサージしてもらっているとき、NGOで働いていると言うと「すげー。新聞でしか見たことありませんよ。今、僕NGOをマッサージしているんですね!」と感動されました。「NGO? 何ですかそれ?」と言われる時代ではなくなったのだなー、と私も感動。

が、どうやらNGOが一つだと思っている様子。国際協力NGOが日本に400以上あることなどを説明しました。これからは、日常のふとした会話のなかでも簡潔にNGOを説明できるようにしておこう、と思った出来事でした。

広報担当:内山

ガリを食べてプロジェクトが身近に!

2008年02月10日

ガリを食べてプロジェクトが身近に!ベナンを支える.ボランティアチーム『Fitila』のミーティングに、在日ベナン人のみなさんが参加。お土産にガリを持ってきてくれました! ガリは、西アフリカで主食として食べられているキャッサバというお芋を加工してできる食べ物です。HFWベナンでも、キャッサバ加工のプロジェクトを実施しているのですが、インターンの私も名前はよく聞くのに、実はどんなものか詳しく知りませんでした。でも、今回持ってきてくれたガリを食べて感激!

淡白な見た目とは違い、かなり美味でした! パン粉みたいに真っ白いつぶつぶ状で、味は甘くてクッキーみたい?! 実際にガリを食べてみたことで、ベナンでのプロジェクトも、ぐんと身近に感じています。

べナン・ブルキナファソ担当インターン:柿崎

母と出勤した一日

2008年02月07日

母と出勤した一日長崎に住んでいる母が、東京に遊びに来ていたときのこと。「少し東京の生活にも慣れてきたし、カウントボランティアをしてもらおう!」ということになり、母と一緒に事務所に出勤しました。
ハガキやプリペイドカード、CDなどが入っている封筒から中身を出して仕分けし、ハガキやプリペイドカードを数えて100枚ずつ輪ゴムをかける。
そして個人情報が記入されている封筒をシュレッダーにかける。といった作業に挑戦してもらいました。

母が80歳過ぎても元気で、ボランティアもできるなんて、本当にありがたいことだなぁと改めて思いました。

Array

アフリカのマジック事情

2008年02月05日

アフリカのマジック事情ある友人はマジックに凝っていて、いろいろなマジックを見せてくれます。その友人とある日、アフリカとマジックについての話になりました。マジックの最も古い記録は古代エジプト。神官が予言の一環として、ボールをお椀で消す手品をしているところが壁画に残っているそうです。そして現代では、南アフリカにマジシャン協会があり、そこから選ばれた人がアフリカ代表として国際大会に参加しているのだとか。「人間がいるところにマジックあり。西アフリカの人も何らかの形でマジックをやっているんじゃない?」

自分はベナン・ブルキナファソ担当インターンなので、今度ベナンのマジックについても調べてみたいと思いました。

Array

イベントがくれたきっかけ

2008年01月31日

イベントがくれたきっかけ企業で働く方を対象に、料理やファッションを通して国際協力を呼びかけるイベント、ワールド・カルチャー・フェスティバルにHFWも出展しました。手伝いに行ったところ、会場には前任の広報インターンが! たまたま会社で募集を見て参加したそう。突然のうれしい再会でした。思い返せば2年前にこのイベントに出展した際も、思わぬ出合いがありました。それはラオスとの出合いです。ラオスで活動するNGOの話を聞いたのを機に興味をもち、卒業論文のテーマまでラオスにしてしまいました。

たった1つのイベントが持つ可能性の大きさを再認識しました。また、そう考えると広報インターンとして、イベント告知をする手にも力が入ります!

Array

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »