植物の生命力

2009年11月28日

植物の生命力毎週木曜日は、事務所内の植木に水をやる日。水やりは、だいたい新人インターンの仕事です。パキラ、カポック、ポトス、ドラセナの仲間などの植木鉢が12鉢あり、毎回2リットルのペットボトル2本分の水をやります。中には、ひと目では分からない造花の鉢もあり、初めて水やりをする人には先輩インターンが区別を教えてあげます。その他に、枝や葉を摘んでコップに挿したカポックやポトスが5個あり、どれも水しかやっていないのに根が力強く伸び、驚くほど長持ちしています。

水だけで生きる植物の生命力ってスゴイ! と思う一方、水がなければ生きられないわけで、水の力ってスゴイネーと、あらためて思ったりもしています。

会員・寄付者担当:御厨

アフリカのイメージ

2009年11月21日

アフリカのイメージ今月初め、学園祭がありました。私が所属する華道部では、世界をテーマに、各国を花で表現。私はベナン・ブルキナファソ担当インターンの名誉(?)にかけ、アフリカチームです。アフリカは国が多いので、国ごとには分けず、クレオパトラ、動物、熱帯雨林、砂漠、ナイル河などのイメージをもとに作成。私は「砂漠の中のオアシス」をイメージして活けました。お客様に感想を書いていただいたのですが、その中に、「アフリカのまがまがしさを表わしていてよかった」というものがあり、なんだか複雑な気分に。?

もっとアフリカの国々が認知され、ひとまとめではない「アフリカ」が語られることを願い、これからもインターンの業務に励もうと思います。

ベナン・ブルキナファソ担当インターン:井上

伝えたい気持ち

2009年11月16日

伝えたい気持ちインターンを始めて3週間が経ちました。私の担当は、西アフリカ・ベナンの幼稚園を支援するため、日本の幼稚園・保育園・キッズスクールで書損じハガキを回収する「かいしゅうかいじゅう」。参加園を募るため、これまで接したことのなかった方たちに企画を説明する機会が多く、新鮮な毎日を送っています。その中で痛感するのは、「気持ちを伝えるって難しい!」ということ。心をこめたつもりでも、うまく伝わらなかったり……。でも、共感していただけた時の嬉しさは何とも言えません。?

今後は、参加園でのべナン紹介の授業も控えています。日本の子どもたちが、少しでもベナンを身近に感じてくれたらと、期待でいっぱい。この気持ちが伝わるよう、頑張りたいと思います。

かいしゅうかいじゅう担当インターン:今井

ウガンダを知る第一歩

2009年11月04日

ウガンダを知る第一歩近頃、助成金の申請書や中間報告書づくりのためにHFWウガンダ事務所にメールで問い合わせし、送られてきた資料の翻訳作業をしています。現在ウガンダでは植林事業の一環として幼苗を植える作業を行っているそう。大学では英語の文献を読んだり論文を書いたりしますが、いざ植林事業についての翻訳となると、頭の中で理解してもそれを日本語に直すのは予想以上に大変な作業だと実感。慣れないウガンダ風の英語に加え、農業の専門用語にも四苦八苦しています。

インターンを始めて早2ヵ月半。文章と写真だけでウガンダを想像しながら、いつか現地に行く日を夢見て業務に取り組んでいます。

ウガンダ担当インターン:久留島

野菜の笑顔

2009年10月30日

野菜の笑顔3年前からベランダで家庭菜園をしています。今年はミニトマト・ピーマン・セロリに挑戦。しかし、いつまでたってもピーマンが細長いまま。ころんとした形にならないなあ、と不思議に思っていました。ある日、(もしかしたら、ししとう!?)と思ったら納得。最初の収穫は、先に起きた主人がミニトマト・ピーマン・ししとうをとり、顔を作ってテーブルに置いていました。思わず私までにっこり。?

?家庭菜園を始めて、作物の大切さを再認識しました。そして、育てる大変さも。日々、作った方に感謝しながら、食べ物を無駄にしないように心がけています。

経理担当:廣岡

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »