地域をつくる

食べるよろこびを育む4つの活動

地域開発~飢餓のない地域をつくる~

飢餓の背景には、農業の生産性が低い、教育を受けられないなどの「地域ごとの課題」があります。そのためHFWは、栄養改善、教育、保健衛生、収入創出、ジェンダー平等の推進、環境の6分野から、地域が必要とする支援を選び、住民とともに取り組みます。そして、住民たちが自分たちの力で課題を解決できるようになり、飢餓がなくなれば、支援は終了。さらに、その手法や成果が、周辺地域や国全体にも広がることをめざします。

ill_development1


6分野にわたる事業

飢餓の原因は地域ごとに異なり、いくつもの原因が複雑に絡み合っています。HFWは、6つの分野を組み合わせた開発事業を展開し、地域の資源、住民の能力を最大限に生かしながら、飢餓の根本にある地域の課題を解決し、地域の発展を促します。

栄養は人々の命と健康を守ります。十分な栄養で気力と体力を取り戻すことで、自分の人生を自分の力で切り開く力が生まれます。

教育は発展の基礎。自分の身を守る知識を身につけ、能力を伸ばし、人生の選択を広げます。

安全な水や医療を提供し、保健衛生の知識を広めることで、多くの命を救うことができます。

技術を身につけ、安定した収入を生み出すことで、栄養ある食事や教育にお金を使えます。

女性への差別と不平等を是正。女性が社会に参画することで、子ども、家族、地域の暮らしが改善できます。

自然と共生し、環境を守ることで、持続可能な開発を行うことができます。


各国での地域開発活動

バングラデシュ

3地域23ヵ村で、栄養改善、小学校運営、女性対象の奨学金、協同組合支援、有機農業の推進など11の事業を実施。住民主体の村の開発組織が立ち上がり、地方行政と連携した開発事業運営が始まりました。

ブログ検索
バングラデシュのページへ

ベナン

ベト村とその周辺村で、栄養改善、識字教室、幼稚園運営、母子保健センター運営、協同組合支援など6つの事業を実施。幼稚園の給食事業と母子保健センター運営においては、地方行政と自主運営に向けた話し合いが始まりました。

ブログ検索
ベナンのページへ

ブルキナファソ

クブリ郡の4つの村で、栄養改善、学校給食、家畜事業、井戸修繕、協同組合支援など7つの事業を実施。育成された事業の推進役が各事業を牽引するようになりました。

ブログ検索
ブルキナファソのページへ

ウガンダ

ワキソ県5区25ヵ村で活動。植林、井戸建設、栄養改善、養鶏など4つの事業を実施。住民たちは協同組合として法人化し、助成金を自分たちで申請するなど自主的な活動が始まりました。

ブログ検索
ウガンダのページへ

日本

本部の担当職員が現地の地域開発の管理とサポートを行います。年2回の現地視察では、アドバイスやスキルの提供、世界の好事例の紹介などのほか、内部監査を行っています。 

ブログ検索
日本のページへ