805名の女性を対象にした栄養改善活動がスタート。28名の事業の推進役が中心になり栄養と食料摂取の改善をめざします : 飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールド HUNGER FREE WORLD     

活動レポート バングラデシュ

2019.05.20 バングラデシュ

805名の女性を対象にした栄養改善活動がスタート。28名の事業の推進役が中心になり栄養と食料摂取の改善をめざします

   

カリガンジ郡の事業の推進役を対象にした研修の様子

2019年1月から、活動地のなかでもぜい弱な立場にある女性を対象にした栄養改善事業がボダ郡とカリガンジ郡で本格的にスタートしました。対象となるのは、特に貧しく栄養が必要な出産や育児をする年代の女性805名です。対象者は、各村で住民からヒアリングを行うなどして特定しました。

毎月2回ずつ、村ごとに12~18名の28グループに分かれた対象者に、HFWの事業を担う推進役が、栄養知識や調理法、赤ちゃんのためのレシピ、栄養の安全保障などのほか「食料への権利」について伝えています。そして、習ったことが実践できているか家庭訪問を行い、実践を促すとともに、相談にも乗っています。

この事業の推進役は、HFWが2018年度に住民から28名を選出しました。11月に5日間にわたって、栄養の大切さ、バランスの取れた食事、健康的な調理方法、女性の健康と栄養、家庭と社会で果たす女性の役割などについて研修を実施。また、イラストなどでわかりやすく栄養について伝えるハンドブックやフリップチャートなどの教材を準備しました。「自分たちの住んでいる地域をよくしたい」という意欲にあふれた事業の推進役たちが、各村で対象者を前に、教材を使ってきめ細やかな啓発活動を行っています。

ボダ郡の研修終了者。手にしているのは、活動に使う教材

メッセージ

事業の推進役に選ばれ、研修に参加できてとてもうれしいです。 私は、いかに栄養が健康にとって必要かということをたくさん学びました。私は必ず自分の地元の発展のために力を尽くします。

シャクハ・カートンさん(カリガンジの事業の推進役)

HFWが行った研修に講師として招いてくださったことに感謝します。この事業そのものにも感謝します。HFWが対象女性の啓発のために準備した教材は、きっととても役に立つことでしょう。私たち医療従事者が、飢餓をなくすという共通の課題に対してHFWの力になれることを願っています。

ズアダン氏(パンチャガル県保健教育担当者)

バングラデシュの最新レポート


バングラデシュ関連情報