キッチンから考える飢餓

2007年08月18日

キッチンから考える飢餓ある調査によると、約19%の家庭が食材を使うことなく捨てた経験を持ち、その主な理由は「鮮度が落ちたり、腐敗したり、カビが生えたりしたから」だそうです。自分の計画不足のせいで、本当は食べられるはずの食材をゴミ箱に……なんて、丹精込めて作ってくれた人たちに対して心が痛みます。それに、こうした無駄は飢餓のない世界の実現をはばむ一因でもあるのです。

そこで、一人暮らしを始めたのを機に「絶対に食材を捨てない」という目標を立てました。約2ヵ月経過した今、達成度は100%。蒸し暑い時期は食材の傷みも早く、やりくりは大変ですが、食材を無駄にしない献立を考えるのも楽しいもの。キッチンでできる、飢餓をなくすための取組み、これからも工夫を重ねていきます。

国内事業担当:笠原

元気にお留守番

2007年08月14日

元気にお留守番今年の夏は出張時期が重なり、8?9月は各国担当職員が現地調査、広報担当職員がスタディツアー同行のために海外へ出かけます。それぞれ出発日や帰国日が多少ずれるものの、事務所に残る職員は4人だけになります。

HFWは年末年始を除いて年中無休。例年、お盆の時期にも事務所を閉めないのですが、今回は4人で事務所を開けるのは難しいので、8月11?15日まで事務所はお休みになりました。とは言っても、それ以外の日は職員4人とインターンでがんばって事務所を開けることになります。各国の活動成果を楽しみに、海外出張の職員が帰ってくるまで、暑さに負けず元気に仕事をしたいなと思います。

経理担当:廣岡

カレーのおすそわけ

2007年08月08日

カレーのおすそわけ企業でのチャリティカレーイベントに行ってきました。約60名の参加者にバングラデシュカレーをふるまうために、業務用の大きなおなべ4つと、10合と8合炊きの炊飯器2つがフル稼働。こうしたイベントでは、大人数に合わせてぴったりの分量を作るのはなかなか難しく、ときとして余ってしまうことがあります。もちろん飢餓をなくすために活動するHFWでは、食べ残しを捨てるということはありません。残ってしまったものは、事務所に持ち帰って、傷まないうちにみんなで食べます。

私はバングラデシュに行ったことはありませんが、インドのものとも、日本のものとも違う独特の味に舌鼓。思わず顔がほころびます。イベント後のおいしいおすそわけ。HFWで働いていてよかったと感じる、楽しみの1つです。

広報担当:内山

池上初上陸

2007年08月02日

池上初上陸スペシャルカレーパーティの会場予約のために初めて池上へ行きました。昔ながらのお店が残るすてきな町並み。くず餅が有名なようで、くず餅を売るお店が何軒もありました。

美味しそうだな、と思いつつも誘惑をふりきって、会場の池上会館に到着。無事、手続きを済ませ帰路につくと、行きに通ったくず餅屋さんが、どうも目に付きます。さんざん迷った挙句、最後に通りかかった駅前のくず餅屋さんに寄り道してしまいました。そのくず餅は、1?2年かけて製造されたもの。けれど、賞味期限はたった2日間なのだとか。持ち帰ったくず餅は、きな粉と黒蜜の素朴な味。この味のためにかけられた月日に感謝しながら、美味しくいただきました。

バングラデシュ担当インターン:花田

アフリカ人気、上昇中

2007年07月31日

アフリカ人気、上昇中最近「アフリカ行きの航空券が取れない!」という声をよく聞きます。現地集合・解散型のHFWの西アフリカツアーも、希望者が多いけれどチケットが入手困難だとか。一体なぜこんなにアフリカの人気が出たのか不思議です。今年は「ラスト・キング・オブ・スコットランド」(ウガンダ)、「ブラッドダイアモンド」(シエラレオネ)、「ルワンダの涙」(ルワンダ)など、アフリカを題材とした映画が日本で上映されたのですが、その影響でしょうか?

いずれにせよ、昨年は人が集まらず中止になったHFWのウガンダスタディツアーが、今年は成立し、うれしい限りです。来年は横浜で第4回東京アフリカ開発会議が開催されます。アフリカへの関心が、一時のブームで終わらず、これからも続いてくれるように願っています。

ウガンダ担当:吉田

飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドのプロフィイール

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、アジア・アフリカで地域の住民と協力し、飢餓のない地域づくりを行っている国際協力NGOです。

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

日記一覧 »

特定非営利活動法人
ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
TEL: 03-3261-4700
FAX: 03-3261-4701

お問合せ »